クリニック紹介 ~大瀬戸先生特設サイト

  • HOME >>
  • 大瀬戸特任教授のペインクリニック治療

痛みについて

Dr.大瀬戸 清茂(おおせと きよしげ)

人には「痛み」を感じる神経の働きがあります。これは、病気やケガによるからだの異常を知らせるサイン(警告)としてたいへん役立つものです。

しかし、ときには一つの痛みから、さらに別の新たな痛みをまねき、痛みが慢性化してしまうこともあります。こうした慢性的な痛みに悩んでいる方は、日本では中等度以上の痛みの人が2600万人以上もあり、その数は少なくありません。私の勤務する岸整形外科ペインクリニックは主に痛みの治療を平成9年(1997年)より専門としています。

痛みの程度は患者さんによってさまざまで、ときには非常につらく、肉体的にも精神的にもたいへんな苦痛を伴います。この苦痛は、患者さんの体力を消耗させ、ストレスを増やしてしまいます。このようになると、もはや痛みをがまんしても決して美徳とはいえません。つらい痛みはがまんせず積極的に抑えたほうが、日常生活の質(QOL)、即ち日常の活動範囲をより向上させることができます。

ページの先頭に戻る

ペインクリニックについて

以上のことをふまえ、ペインクリニックでは、個々の患者さんに合わせたペイン(痛み)の治療も行います。一般的な鎮痛剤などで効果がない慢性痛には、痛みを伝える神経の興奮を抑える薬を使った神経ブロックをはじめとして、さまざまな治療を行って痛みを抑制・緩和しながら患者さんの日常生活が出来る、次に仕事が可能となることをめざします。
近年は、がんなどをはじめ多くの病気の治癒率が向上し、長寿を実現できる社会になってきました。だからこそ、慢性痛をかかえての生活は非常につらく、痛みを断ち切る治療がますます必要になると考えています。

痛みからの解放が、全身の体力維持と健康につながります。まずそこにある痛みを取ることで、原因となっている病気の治療にプラスになり、歩行や動作の改善に繋がり、健康になっていくこともあるということを、多くのみなさんに知っていただきたいと思っています。

ページの先頭に戻る

ペインクリニックの治療

痛みの治療にあたっては、専門的な知識と技術をもとに、症状や身体の診察から痛みの原因を診断し、適切な検査や治療を行います。

痛みの種類は、けがや手術などのように本来の痛みに由来する痛み(侵害受容器性疼痛)、神経が傷ついて起こる病的な痛み(神経障害性疼痛)、心と密接に関係する痛み(心因性疼痛)など多種多様ですが、すべての痛みがペインクリニックの対象となります。

ページの先頭に戻る

ペインクリニックで診る病気

部位別にみても、頭部・顔面痛・頚肩腕痛・胸背部痛・腹痛・腰下肢痛・骨盤内・陰部痛などの身体のあらゆる箇所の慢性の痛みが対象となります。

病気の種類としては、頭部顔面では、片頭痛をはじめとする頭痛全般、三叉神経の痛みがあります。

全身に起こる病気で、帯状疱疹痛・帯状疱疹後神経痛、血管が障害されて起こる血管の病気(閉塞性動脈硬化症、バージャー病、膠原病などによる難治性の潰瘍)があります。

神経が傷ついて発生する神経障害性疼痛として、手術後の痛み、複合性局所疼痛症候群(カウザルギーなど)、手や足がないのにその部位があるように痛む幻肢痛、オートバイなどの事故で腕の神経が傷ついて起こる引き抜き損傷後疼痛や脊髄損傷痛などがあります。

交通事故で起こるムチ打ち症による頸肩上肢痛、腰臀部痛、低脳脊髄液減少症などもあります。

また、脊椎による変形、ヘルニヤ、狭窄などによる首、腕、背中、腰臀部、下肢痛などの神経ブロックを含めた保存療法を特に得意としています。

困っている、慢性の痛みをお持ちの方は、一度当科の受診をお奨めします。

ページの先頭に戻る

ペインクリニックの治療の仕方

ペインクリニックというと、すぐに痛い部位への神経ブロックするイメージがあるかもしれませんが、まずはどのようにして痛みが起こったのかなどを聞いて、さらに必要な検査を行って大まかな診断をつけて、治療法を選択するという、診察・検査・診断・治療の道筋をつけます。
以上、安全に手順を踏みながら、痛みで悩んでいらっしゃる多くの患者さんの助けになれるよう痛みの診療に取り組んでおります。何か痛みでお困りの方は、一度でも来院して頂きたいと思っています。

ページの先頭に戻る

神経ブロックについて

ペインクリニックでは、色々な方法で痛みを治療していますが、代表的なものは「神経ブロック」と呼ばれる治療法があります。

痛みは、体中に張り巡らされている神経によって、脳へと痛みが伝えられます。

そこで、神経ブロックは、痛みの原因になっている痛む神経のそばに薬液の注入などを行い、痛みの刺激が脳に伝わるのを遮って(ブロック)痛みをとるという治療法です。

痛む部位の神経やその周辺に、ピンポイントで効果の高い薬液を集中的に注入しますので、鎮痛薬の内服や痛み止めの点滴では効果のない痛みにも効きます。

痛みのある局所にのみ、薬を用いるので、全身や内臓への影響はほとんどないと考えられています。但し、血をサラサラにする薬などを服用している場合は、神経ブロックが制限されます。

神経ブロックに用いられる薬液は「局所麻酔薬」です。
神経ブロックの種類や、痛みをもたらす病気、患者さんの年齢、痛みのある部位などによって、薬液の濃度や量がこまかく調節・選択された「オーダーメイドの治療」が可能となります。

外来で使用する局所麻酔薬の効果時間は約30分から1時間以内ですが、「痛みの悪循環」を断ち切ることができますので、何度か繰り返すうちに痛みが軽く、または起こりにくくなっていくと考えています。

同時に、薬なども併用して、痛みをできるだけ緩和して傷みからの開放を目指します。

当科を受けられる患者さんの日常生活や職場への早期復帰を願って治療しています。

もし、効果が少ない場合は、東京医科大学麻酔科ペインクリニックで入院治療をすることがありますので、ご気楽にご相談ください。

岸整形外科ペインクリニック
大瀬戸 清茂

ページの先頭に戻る

お問い合わせフォームへ